椒房庵

 椒房庵(しょぼうあん)は福岡県粕屋郡久山町の辛子明太子、海鮮しゅうまい、調味料などを製造または販売する会社です。

 上質の国産卵を用いた「釣り子明太子」が日本テレビ系列放送の『どっちの料理ショー』で取り上げられ一躍有名となりました。

椒房庵の「椒房」は、杜甫の『麗人行』にある言葉で「后妃」の意味。「后妃が召し上がるほどの味をお客さまにお届けしたい」という思いから名付けられたそうです。

★明太子人気ランキングでも常に上位にランクインされています。

明太子へのこだわり@

椒房庵の辛子明太子の原料は、北海道産のたらこです。

その大きな理由は、なんといっても濃厚なうまみにあります。外国産たらこは、いったん冷凍した魚卵を解凍して塩漬けしますが、国産たらこは生のまま塩漬けします。だから、魚卵のうまみをしっかり閉じ込めることができます。

たらこ本来のおいしさを生かした味づくりを大切にしている椒房庵にとって、これは大きな魅力であり、どうしても譲れない条件でもあります。

明太子へのこだわりA

椒房庵は、醤油屋から始まりました。醤油の役割がそうであるように、つねに素材の味を引き立てる味づくりを心がけています。

良質のたらこは、それだけでおいしいものです。生のたらこ以上においしくなければ、明太子にする意味がないとも考えています。

椒房庵の辛子たれは、時間をかけてとった昆布だしに、風味・うまみ・辛味の異なる三種類の唐辛子と、自社醸造の醤油を混ぜたもの。

漬け込む前には、熟練した職人が、ひとつひとつのたらこをまんべんなく手でさわります。指先に神経を集中させて卵質の微妙な違いを見極め、大きさや硬さごとに何十種類ものグループに分けます。そして、どの卵も同じ味わいに仕上がるよう、辛子たれのブレンドや漬け込む時間をこまかく変えていきます。

漬け込み容器にたらこを並べ、静かに辛子たれを注いだら、じっと待つこと3〜4日。薄くやわらかな皮をとおって、卵の一粒一粒に辛子たれが染み込んでいきます。

 

椒房庵明太子通販サイト

  • 椒房庵 公式サイト

    椒房庵の代表的商品「釣り子めんたいこ」は、わずかな時期しか出ない、貴重なめんたいこです。

    いつも買えるわけではありませんので、メルマガ登録で、ひと足早い情報入手がコツ。


椒房庵の明太子リンク集

明太子の椒房庵を応援しているサイト集です☆

inserted by FC2 system